一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

トップページ>島根県の森林・林業

島根県は、県土の約8割を森林が占めており、日本でも有数の森林県(全国第3位)です。
そして民有林面積の約4割が人工林で、利用できる木が増えつつあります。

昭和30年代以降、木材生産を目的にマツ、スギ及びヒノキの針葉樹を一斉に植えてきました。
その後、高度経済成長により木材需要が急激に高まり、1960年頃から木材の輸入が始まりました。

木材輸入は年々増加し、今では日本の木材の約7割を外材に頼っています。
しかし、近年、木材加工技術の向上や環境への配慮の視点から、国産材は見直されつつあります。

間伐されない人工林では、もやしのような木が生い茂り、光が届かない林内では、土壌が浸食され、水源涵養や土砂流出防備の機能さえ危ぶまれています。

森林は、二酸化炭素を吸収するとともに、水を貯え、空気をきれいにし、多様な生物を育んでいます。
特に自然災害の起きやすい急峻な地形と浸食を受けやすい地質を持つ島根県では、災害から私たちの生活を守ってくれる森林の役割は極めて重要です。

林業が停滞している今、森林に支えられて暮らしている私たち一人一人が、森林を守り育てるという気持ちを持つことが大切です。

森林を健全な状態に保ち、林業を活性化していくためには、間伐など適切な森林施業を行うとともに、「木を伐って、使い、その収益を再び森林整備に投資する『林業の循環システム』を築くことが求められています。

そのためには、林道や作業道など路網は不可欠な施設であり、山地を起因とする災害から暮らしを守るため、治山施設の設置や防災機能の高い森林の整備を進めていく必要があります。

 

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0086 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231
HP:http://shinrin-shimane.jp/ Mail:kyoukai @ shinrin-shimane.jp

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.