一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林づくりへの取り組み

トップページ>森林づくりへの取り組み>水を育む豊かな森づくり

水を育む豊かな森づくり

松江八束森林組合

水の都松江市は、かつては飲料水に恵まれず、市民の多くは京橋川・堀川の水を生活用水として使っていましたが、明治中期にこの川が原因で感染症が蔓延し、これを契機に上水道施設が整備されました。

貯水ダムを造るのに最も効果的な場所、忌部川水系の谷間にダムを築くことになり、大正7年、千本ダム(総貯水量387千m3、流域面積15.4km2)が完成し、以来市民は忌部水源に生活を支えられてきました。


大谷ダム
しかし、松江市の水需要は予想以上に増え、千本ダムだけでは賄えきれず、同水系に昭和32年、大谷ダム(総貯水量1,422千m3、流域面積3.96km2)が完成しました。

その後、市域の広がりにより人も会社も増え、水需要もさらに増えてきました。

また、市民にとって昭和48年の渇水は、記憶に深く刻み込まれる事態であり、そのため、新たな水源を求め昭和44年に飯梨川水系の布部ダムから、昭和55年には同水系の山佐ダムから受水が始められました。

さらに平成23年には斐伊川水系の尾原ダムからも受水することになり、渇水のない安心して暮らせる町づくりが進められています。

市民の水需要のかなりの部分を賄っている千本・大谷両ダムは、市民の重要なライフラインを支える水ガメで、特に千本ダムは、国の登録有形文化財に登録され、後世に継承する貴重な建造物です。

しかし、昭和40年代の半ばから拡大した松くい虫被害により、両ダム水系の松林は壊滅的な被害を受け、松江市ではその保全を図るため樹種転換を目的に昭和60年から水源林整備に取り組み、平成14年度までに植林174ha・下刈り918haを完了し整備を終えることになっていましたが、森林のもつ水資源の貯留・水質浄化等の役割が理解され引き続き継続することになりました。


千本ダム (国の登録有形文化財)
継続するにあたっては、新しく「分収造林制度」を導入し、森林所有者と松江市とが分収林契約を結び、平成15年度から整備を進めることになりました。
契約期間は50年間・水源林として望ましい複層林施業を毎年5ha程度行っています。

今後も森林組合は、地域の皆様との絆を深めながら、守り育てられた水源林を管理し、水を育む豊かな森づくりを進めます。

 

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0086 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231
HP:http://shinrin-shimane.jp/ Mail:kyoukai @ shinrin-shimane.jp

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.