一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林づくりへの取り組み

トップページ>森林づくりへの取り組み>石央森林組合における利用間伐の推進

石央森林組合における利用間伐の推進

石央森林組合

現在、この地域の合板工場等においては、地域産材が安定的に供給されることを求めているが、一方、地域材の供給を担う素材生産業者は、生産規模が小さい個人経営の事業体が多く、後継者のいない事業体においては廃業する事業体も少なくない。

納材協議会等を県が推進して需要先の要望に応えるべく対処しているが、実際に求められている納材量には遠く及ばないのが現状である。

このように素材生産が追いつかない現状の中、当組合においては間伐材生産の供給システムの改革に取り組み始めた。

もともと低質材の多い間伐材を、低コストで大量に生産することが目的である。

ヘクタール当たり 100m〜200mの路網を作設し高性能林業機械による列状間伐の実施、現場から需要者へ直接納品することによる流通の効率化等、コストの削減をはかっている。

また、隣接する山林所有者を集約、団地化することによって施工規模を拡大し、一体的で、高効率な木材搬出が行える路網整備を目指して取り組みを始めている。

こうした取り組みにより、できる限り森林所有者へ木材代金を還元し、長期的に事業量を確保し、安定的な経営が可能になると思われる。

今後は、把握の遅れている民有林の森林状況を調査し、森林所有者、森林資源の情報をGIS等によってデータベース化し、森林整備の促進を図ることによって、素材生産量の増加を目指していく。

しかしながら、組合の行う利用間伐だけでは限界がある。

これを解決するためには、地域の小規模な素材生産業者と連携して利用間伐を推進し、組合が取りまとめを行うことによって、大きなロットで安定的な木材流通を目指していかなければならない。

 

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0086 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231
HP:http://shinrin-shimane.jp/ Mail:kyoukai @ shinrin-shimane.jp

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.