一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林づくりへの取り組み

トップページ>森林づくりへの取り組み>江の川木材共販市場の現状と課題

江の川木材共販市場の現状と課題

島根県森林組合連合会


セリ市風景
島根県森林組合連合会では、現在、邑南町と益田市に木材共販市場を開設し、素材の委託販売を実施していますが、今回、邑南町に所在する「江の川木材共販市場」の紹介をさせていただきます。

当市場は、広島県との県境に近く、浜田自動車道の大朝インターチェンジまで10分程度と立地条件にも恵まれ、県内最大規模の市場として、県内外から多くの木材が入荷しています。

特に松材は、松くい虫被害により島根県産材が激減したため、9割近くが広島県からの入荷となっています。又、近年は間伐推進政策によりスギ・ヒノキの割合が確実に増加していることから、全体としてマツ3・スギ3・ヒノキ3・その他1の割合となっています。

さて、近年、木材価格の低迷(暴落)により、昭和55年の約3分の1の価格となり、「植えて、育てて、伐る」という林業のサイクルが崩壊してしまいました。

そのサイクルを取り戻すには、国産材の需要拡大が最大の課題となります。
県産材の使用に対しては各種助成制度が行われるようになり、それなりの成果が出始めておりますが、国は依然として山からの搬出費に対しての補助を中心とした政策を行っており、出口の対策が遅れていることは明らかであります。

今後さらに国産材の需要拡大につながる政策が望まれるところです。
今日まで木材市場は、生産者と買方者の間で重要な役割を果たしてまいりました。
木材市場の最大の使命は山元還元であり、買方者の要望に応えつつ生産者の信頼を裏切らない様今後も努力していきたいと考えております。

最後に、当市場の市売は全量ロゼリ(くちぜり)で行っています。
市日当日(毎月3日・13日・23日)には、たくさんの来客があり活気があるとの評価を受けていますので、興味のある方はぜひご来場下さい。お待ちしております。


木材共販市場全景

 

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0086 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231
HP:http://shinrin-shimane.jp/ Mail:kyoukai @ shinrin-shimane.jp

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.