一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林経営推進センター

月別アーカイブ

治山と林道121号(令和元年12月発行)の記事に誤りがありました。

テーマ:美郷町における「ドローン技術の活用」に向けた取り組み(9ページ)

執筆者:(誤)伊藤発郎 → (正)林 幹樹

お詫びして訂正します。

カテゴリー: 協会からのお知らせ

「山地災害防止キャンペーン」の関連行事として一般社団法人日本治山治水協会が主催(後援:林野庁)した標語・写真コンクールで松江市の森岡佑介さんの標語(タイトル)が優秀賞を受賞し、17日、速水会長から賞状と副賞が伝達されました。標語部門には全国から1,971作品の応募があり11作品が入賞(最優秀賞1点、優秀賞5点、奨励賞5点)しています。

写真:速水会長(左)と森岡佑介さん

 

※入賞作品は一般社団法人日本治山治水協会ホームページで公開されます。

  https://shinrinkagaku.jp/photo/index.html

カテゴリー: 協会からのお知らせ

 林業・山村の振興対策等の推進に取り組む市町村により組織されている市町村農林水産業振興対策協議会において、森林経営管理制度がスタートし、市町村が主体となって制度を推進する必要があることから、先端技術による施業集約化等のノウハウの習得を目的に研修会が行われました。

森林経営推進センターも県内の制度運営状況として、市町村業務の技術支援等について講演しました。

 

『2019年度 島根県市町村農林水産業振興対策協議会 研修会』

開催日:10月16、17日  場所:島根県中山間地域研究センター

研修内容

1.「新たな森林管理システムの実効性確保に向けた市町村業務の技術支援」

    (一社)島根県森林協会 森林経営推進センター

2.「四国森林管理局におけるICTの活用について」

    四国森林管理局

3.「航空レーザー計測による森林情報等の把握と活用について」

    津和野町農林課

 事務局長あいさつ           推進センター技術支援状況等説明

 4月1日より森林経営管理制度がスタートし、市町村が主体となって制度の推進を図っているところですが、県内の市町村担当職員には林業の専門技術職がほぼいないことから、森林経営推進センターの支援業務の一つとして、当該制度に関する事務に必要な知識及び技術を習得し、当該制度を適切かつ円滑に運用できる担当職員の育成を目的に「森林経営管理制度担当職員研修」を実施しました。

 

 初回は島根県森林整備課職員を講師として招き、制度推進に必要な森林・林業行政全般をテーマに研修を開催しました。

『令和元年度 森林経営管理制度担当職員研修(森林・林業一般)』

東部開催 開催日:8月20日  場所:林業会館

西部開催 開催日:8月21日  場所:浜田合同庁舎

研修内容

1 林地台帳の概要について

2 林地台帳及び森林GISの実演について

3 森林経営計画について

4 森林経営管理制度の実効性確保に向けた技術支援について

 

 第 2回目としては、林野庁より制度の創設、運営に携わる担当者を講師として招き、市町村事務を中心とした制度の実務研修を開催しました。

『令和元年度 森林経営管理制度担当職員研修(森林経営管理制度)』

開催日:9月25日~26日  場所:林業会館

研修内容

1 森林経営管理法の概要について

2 森林環境税及び森林環境譲与税について

3 森林経営管理制度に係る市町村の事務について

4 ワーキング(意向調査の実施に関する検討、経営管理権集積計画の作成等の検討)

森林林業一般研修 講義の様子    管理制度研修 ワーキングの様子

令和元年7月22日、松江市の島根県林業会館において令和元年度通常総会を開催しました。

開会に当たり、速水会長から「昨年は4月に県西部地震により、大田市を中心に大きな被害を受けた。また、7月豪雨は西日本に激甚な被害をもたらし、島根県でも県内各地で被害が発生した。今年は、先週、津和野町で160ミリを記録するなど各地で激しい雨が降った。梅雨明けは近いと思われるが、地盤の緩んでいるところもある。引き続き、土砂災害等に注意していただきたい。自然災害に対しては、日頃から安全、迅速な避難体制の構築が必要だが、防災、減災に向け治山事業、森林整備事業を一層、推進する必要があると考えている。
一方、県内では森林所有者の不在村化や担い手不足により、森林の荒廃が深刻な状況にある。こうした中、本年4月、「森林環境譲与税」を財源とした「新たな森林管理システム」がスタートした。これを機に、市町の業務を支援するため、市町と県からの委託を受け、当協会に「森林経営推進センター」を設置した。それぞれの地域のニーズに沿った支援をすることで事業が円滑に進むよう努めていく。
また、森林協会は森林・林業施策の充実・強化と予算確保に向け、中央協会をはじめ関係機関や団体と連携を図りながら、今後とも取り組んでいく。会員の皆様をはじめ、関係各位のご理解とご協力をお願いする。」旨の挨拶がありました。
続いて、森林土木事業功労者、治山・林道工事コンクールの表彰式が行われ、会長から表彰状と記念品が授与されました。
来賓の島根県農林水産部長(吾郷森林整備課長代読)と一般社団法人日本治山治水協会並びに日本林道協会長の祝辞(小原事業部長代読)の後、議事に入り、提案した6議案は全て提案どおり承認されました。

会場の様子

速水会長の挨拶

 

 

カテゴリー: 協会からのお知らせ

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0886 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.