一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林経営推進センター

月別アーカイブ

 昨年4月1日より森林経営管理制度がスタートし、市町村が主体となって制度の推進を図っているところですが、県内の市町村担当職員には林業の専門技術職がほぼいないことから、この新たな制度を円滑に運営するため、当センターにおいては、関係市町の地域協議会にオブザーバーとして参画し、森林経営管理制度事務の技術サポート及び業務支援に取り組んでまいりました。 

 業務支援にあたり、市町村が行う森林経営管理制度の実効性確保に必要な技術支援のツールとして、集積した森林の経営判断を定量的、客観的に行うため経営収支シミュレーションソフトの開発に着手してまいりましたが、この度、市町村や県関係機関の皆様からの意見を開発に反映する目的で「森林経営収支シミュレーションソフト開発中間報告会」を令和2年2月21日(金)午後、林業会館4F 研修室にて実施しました。当日は報告事項として、森林経営収支シミュレーションソフトの開発状況をデモ版にて説明させて頂いた後に、市町村や県関係機関の皆様から詳細な運用内容や改善意見等を頂きました。

 なお、当該シミュレーションソフトは、令和2年4月に新たな体制下においてマニュアル等の説明会を経て、本格運用することとしております。

 その後、森林経営収支の検討・分析に必要な森林資源情報の高度利用や共有化に向けた技術や国や県の動向についての情報提供に加えて今年度市町村の各地域の様々な取り組みを管内別にピックアップして報告させて頂きました。

 

@報告課の内容

  • 報告

1.森林経営収支シミュレーションソフトの開発について

((一社)島根県森林協会森林経営推進センター 森林経営第二課長 越智俊之、

パシフィックコンサルタンツ(株) 森林チームリーダー 中村尚)    

  • 情報提供

2.森林情報の整備と利用そして継続的な維持管理

  ~航空機レーザ測量と航空写真、ドローン~ 

(島根大学 生物資源科学部 准教授 米康充)

3.森林情報の高度利用・共有に向けた取組について

((一社)島根県森林協会 森林経営推進センター センター長 江角淳)

4.今年度における各市町村の制度運営状況について 資料

( 同 森林経営第一課長 藏敷秀則)

 

 

 

 

 

 

 

シミュレーションソフトデモの様子   リモートセンシング技術講演の様子

                   (島根大学米准教授)

 

 森林経営推進センターにおいては、今年度の森林経営管理制度における市町村の支援業務として、森林経営収支シミュレーションソフトの開発を行っているところです。年度内の納品後、来年度の春に操作説明会を予定しておりますが、デモ版の納品にあわせて中間報告会を開催します。報告会の内容は別添のとおりですので、参加を予定されている皆様はご確認ください。

 

日時:令和2年2月21日(金)13時30分から16時00分

場所:林業会館4F 研修室(1)

 

研修次第(ソフト開発中間報告会)案

林野庁との意見交換会

2020.02.05 更新

令和2年1月28日、林業関係団体(島根県森林組合連合会、(一社)島根県森林協会、(一社)島根県木材協会、(公社)島根県林業公社、島根県水源林造林協議会)の主催で林野庁との意見交換会を「都道府県会館」(東京都)で開催しました。

主催者を代表して森林組合連合会絲原会長のあいさつの後、林野庁から「令和元年度補正予算及び令和2年度予算」の説明を受けました。その後、森林組合の今後の経営基盤の強化及び森林環境譲与税を活用した取り組み事例について研修会を行い、続いて、意見交換に入りました。

皆田大田市森林組合長から作業員の労務は介護職と同様、公共の役割も担っているので社会的地位向上(処遇の改善)が必要。速水雲南市長から昨年4月設置した「森林経営推進センター」の活動報告と併せ、林業に取り組むことは地域づくりであり、コンパクト・プラス・ネットワークの要素。立石飯石森林組合長から組合は職員に対して雇用主としての責任があること。また、路網のメンテナンス(管理者)に係る意見。大石邑智郡森林組合長からマネジメントできる職員の必要性と人材確保に苦慮との報告があり、それぞれについて林野庁担当者と活発なやりとりがありました。これからの森林・林業・木材産業の推進に向け、大いに役立つ内容となりました。

カテゴリー: 協会からのお知らせ

治山と林道121号(令和元年12月発行)の記事に誤りがありました。

テーマ:美郷町における「ドローン技術の活用」に向けた取り組み(9ページ)

執筆者:(誤)伊藤発郎 → (正)林 幹樹

お詫びして訂正します。

カテゴリー: 協会からのお知らせ

「山地災害防止キャンペーン」の関連行事として一般社団法人日本治山治水協会が主催(後援:林野庁)した標語・写真コンクールで松江市の森岡佑介さんの標語(タイトル)が優秀賞を受賞し、17日、速水会長から賞状と副賞が伝達されました。標語部門には全国から1,971作品の応募があり11作品が入賞(最優秀賞1点、優秀賞5点、奨励賞5点)しています。

写真:速水会長(左)と森岡佑介さん

 

※入賞作品は一般社団法人日本治山治水協会ホームページで公開されます。

  https://shinrinkagaku.jp/photo/index.html

カテゴリー: 協会からのお知らせ

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0886 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.