一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

カテゴリー

月別アーカイブ

» 未分類のブログ記事

9月30日(土)と10月1日(日)の2日間、松江市のTSK山陰中央テレビ新社屋特設会場で開催され、今年も参加しました。

このイベントは県内11町村の伝統文化や芸能の紹介、また地域の特産品を出店販売することで、「まち・むら」の魅力・輝きを情報発信する催しです。7回目を迎えた今年は過去最高の3万人の来場者がありました。

ステージでは特別参加くまモンとしまねっこのパフォーマンス、山根万里奈さんの「輝け11公式ソング」発表、松田前隠岐の島町長による町村会創立百周年記念詠句の披露などで盛り上がりました。

 

森林協会ブースでは恒例の木工教室を開催し、大盛況でした。

 

 

カテゴリー: 未分類

県への要望活動

2017.10.31 更新

平成29年10月10日、島根県森林組合連合会、(一社)島根県木材協会、島根県林業種苗協同組合とともに島根県知事、副知事、総務部長、農林水産部長へ要望活動を行いました。

         

同じく県議会(林業振興・木質バイオマス議員連盟)へは9月26日に要望しました。

     

【要望項目】

1 「森林環境税(仮称)」の創設について

2 木材の増産対策の継続実施について

3 造林事業、林道事業の予算増額について

4 林業用種苗における需要量の安定確保について

5 治山事業予算の増額について

カテゴリー: 未分類

 平成29年6月19日、島根県山地防災ヘルパー協議会(会長:田部允之、会員:34名)の新規加入者6名(松江市1名、江津市1名、川本町1名、美郷町1名、津和野町1名、吉賀町1名)を対象とした研修会を開催しました。研修会には田部会長と橘、佐藤副会長の外、県西部の会員4名も参加しました。

 はじめに島根県西部農林振興センター堂領課長からヘルパー認定証が交付され、浜田市相生町(足王谷)の現場で治山施設点検(今回は治山ダム)を行いました。概要説明を島根県浜田県土整備事務所の石田治山・林道第二課長にお願いしました。

 治山ダムの施工年度、破損箇所の有無、上流の土砂堆積状況など実際にダムの点検を行い、施設点検表に記入した後、チェック項目ごとに各自が結果発表し意見交換しました。

 島根県山地防災ヘルパー協議会はこうした研修会によって技術と知識の向上に努めながら地域で開催される防災学習会等へ出向き、山地災害危険地区の点検や災害予兆の発見などの指導を行っています。

    

カテゴリー: 未分類

平成28年12月12日、浜田合庁において島根県山地防災ヘルパー協議会と共催で市町村が実施主体となる治山、林道災害のスムーズな復旧に向けての研修会を開催しました。

当日は市町村、島根県森林土木技術協会(県内コンサルタント24社)、県、島根県山地防災ヘルパー協議会から40名余りが参加しました。 最初に島根県益田県土整備事務所治山・林道課の藤原主任から「事業継続計画(BCP)に基づいた危機管理体制の実態と今後のあり方」をテーマに災害に備えたそれぞれの体制づくりについてプレゼンがありました。続いて株式会社昭和測量設計事務所の石田社長から平成25年の県西部で発生した災害を契機に市町村とコンサルタントの間で交わされる災害協定についてのお話がありました。

いずれも災害が発生した際、市町村とコンサルタントが連携して迅速な復旧を行うために必要不可欠なテーマでした。 その後、災害復旧に当たっての課題と改善策について活発な意見交換を行い、今後もお互いの技術の向上と情報共有のため、こうした研修会を続けていくということで一致しました。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類

10月14日(金)、松江市立大野小学校4年生(10名)の皆さんが総合的な学習の時間に森林に関する勉強をしました。

講師は島根県東部農林振興センターの小林昇さんで

・森林の役割

・水とのかかわり

・森林を守るための工夫

について、樹木の名前やその役割、ジオラマ模型を使った山崩れの発生メカニズムなどの説明を受けました。

児童からは荒廃した森林のままでは土石流やがけ崩れが起きて家が壊れたりする。森林の整備をして樹木の根が発達すると山は守られる。森林の大切さがわかったなどの感想がありました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0086 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.