一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

カテゴリー

月別アーカイブ

» 未分類のブログ記事

平成28年12月12日、浜田合庁において島根県山地防災ヘルパー協議会と共催で市町村が実施主体となる治山、林道災害のスムーズな復旧に向けての研修会を開催しました。

当日は市町村、島根県森林土木技術協会(県内コンサルタント24社)、県、島根県山地防災ヘルパー協議会から40名余りが参加しました。 最初に島根県益田県土整備事務所治山・林道課の藤原主任から「事業継続計画(BCP)に基づいた危機管理体制の実態と今後のあり方」をテーマに災害に備えたそれぞれの体制づくりについてプレゼンがありました。続いて株式会社昭和測量設計事務所の石田社長から平成25年の県西部で発生した災害を契機に市町村とコンサルタントの間で交わされる災害協定についてのお話がありました。

いずれも災害が発生した際、市町村とコンサルタントが連携して迅速な復旧を行うために必要不可欠なテーマでした。 その後、災害復旧に当たっての課題と改善策について活発な意見交換を行い、今後もお互いの技術の向上と情報共有のため、こうした研修会を続けていくということで一致しました。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類

10月14日(金)、松江市立大野小学校4年生(10名)の皆さんが総合的な学習の時間に森林に関する勉強をしました。

講師は島根県東部農林振興センターの小林昇さんで

・森林の役割

・水とのかかわり

・森林を守るための工夫

について、樹木の名前やその役割、ジオラマ模型を使った山崩れの発生メカニズムなどの説明を受けました。

児童からは荒廃した森林のままでは土石流やがけ崩れが起きて家が壊れたりする。森林の整備をして樹木の根が発達すると山は守られる。森林の大切さがわかったなどの感想がありました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類

10月8日(土)~9日(日)、出雲市「出西コミュニティセンター」で恒例の「出西地区文化祭」が開催されました。

「防災コーナー」ではジオラマ模型(土石流やがけ崩れの発生する様子を再現)を使った「防災学習会」が行われました。講師は島根県出雲県土整備事務所の若槻明治山・林道課長と島根県山地防災ヘルパー協議会の佐藤勝則さんのお二人で、地区の皆さんの防災意識を高めるため模型による実演によって山地災害の怖さをお伝えしたほか、日頃からの準備と早期避難の大切さについてのお話もありました。

「防災コーナー」には災害写真パネルや防災グッズ(持ち運びのできるカセットボンベ式の発電機等)などが展示され、防災意識へのアンケートには160名の方から回答があったそうです。

※ジオラマ模型は森林協会が貸し出しています。

カテゴリー: 未分類

  平成28年1月29日、東京都内において島根県の林業関係5団体主催による「平成27年度島根県林野関係事業意見交換会」を開催しました。

    この意見交換会は本県の森林・林業・木材産業の推進を図る事を目的に、毎年開催しているもので、今年度も林野庁、森林総合研究所からの出席を得て、島根県・市町村・森林組合連合会・(一社)木材協会・(公社)林業公社・水源林造林協議会・(一社)森林協会の関係者合わせて約60名が参加して開催しました。

  先ず、林野庁から「平成27年度補正予算及び平成28年度予算」の概要説明を受けた後、各団体から事前に提出していた12項目の意見・要望等について、林野庁各課からそれぞれ回答、説明を受けました。

  その後の意見交換では、島根県側から地域の現状や取組状況及び意見要望など、林野庁からは地域の取り組みへの助言や情報提供など、活発な質疑応答が交わされ、予定時間を上回る有意義な会となりました。

 

                林野庁側出席者 

                 島根県側出席者

カテゴリー: 未分類

   12月22日、島根県山地防災ヘルパー協議会(会長:佐川俊二、会員37名)が今年度2回目の研修会を開催しました。

   この協議会は平成185月に結成され、治山ダムなどの点検指導をしたり、地域の「防災学習会」へ出向き、「自分たちの生活は自分たちで守る」自主防災意識の向上、そして、いざ災害が起こった時、一人では避難できない高齢者などを地域で助け合う「共助」の大切さもお伝えする活動をしています。

   会場の林業会館には島根県の外、森林土木技術協会(会長:田中賢一、県内コンサルタント23社)、森林組合連合会、森林総合研究所などからの参加を含め50名が集まり、外部講師(3名)のパワーポイントを使ったプレゼンの後、テーマ毎に活発な意見交換が行われました。

◆研修会テーマ

  1水土保全施設と森林整備計画 -都川地区水源森林再生対策事業- 

   ()日西テクノプラン     技術管理部参与 佐藤 勝則 氏

  2地域ボランティアとの連携  -松葉から植物活性剤-

   (株)テクノシステム      技術管理部長  奈良井 満 氏

  3島根県におけるニホンジカの現状と今後の対策

   島根県中山間地域研究センター 農林技術部長  江角  淳 氏