一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林経営推進センター

月別アーカイブ

 森林経営管理制度を活用した森林整備を一層進めるためには、森林の所有者とその森林境界をそれぞれ明確化できるかどうかが重要なポイントとなります。

 まず、これらを明確化するために必要な森林に関わるデータは、林地台帳を活用することが森林経営管理制度上の基本となっており、市町村においては、常に林地台帳の精度向上に努めることが求められています。

 今回の研修を通じ、林地台帳の運用や精度向上のために必要な更新すべきデータの内容等について改めて確認していただきました。

 

○研修会名  : 森林経営管理制度市町村担当職員研修(森林・林業一般)

○日  時  : 令和3年7月28日(水) 10:00から

○場  所  : 林業会館 大会議室

○内  容  :

       1 林地台帳制度について

           講師 島根県森林整備課  高橋 誠 氏

       2 森林経営管理制度および林地台帳の円滑な運用にむけて

           講師 パシフィックコンサルタンツ株式会社

              デジタルサービス事業部

              中村 尚 氏、 大山 亮平 氏

 

講演1 講師 高橋氏          講演2 講師 中村氏、大山氏

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0886 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.