一般社団法人島根県森林協会「森林を育てて 地球を守ろう」

森林経営推進センター

月別アーカイブ

» 森林経営推進センターからのお知らせのブログ記事

 昨年4月1日より森林経営管理制度がスタートし、市町村が主体となって制度の推進を図っているところですが、県内の市町村担当職員には林業の専門技術職がほぼいないことから、この新たな制度を円滑に運営するため、当センターにおいては、関係市町の地域協議会にオブザーバーとして参画し、森林経営管理制度事務の技術サポート及び業務支援に取り組んでまいりました。 

 業務支援にあたり、市町村が行う森林経営管理制度の実効性確保に必要な技術支援のツールとして、集積した森林の経営判断を定量的、客観的に行うため経営収支シミュレーションソフトの開発に着手してまいりましたが、この度、市町村や県関係機関の皆様からの意見を開発に反映する目的で「森林経営収支シミュレーションソフト開発中間報告会」を令和2年2月21日(金)午後、林業会館4F 研修室にて実施しました。当日は報告事項として、森林経営収支シミュレーションソフトの開発状況をデモ版にて説明させて頂いた後に、市町村や県関係機関の皆様から詳細な運用内容や改善意見等を頂きました。

 なお、当該シミュレーションソフトは、令和2年4月に新たな体制下においてマニュアル等の説明会を経て、本格運用することとしております。

 その後、森林経営収支の検討・分析に必要な森林資源情報の高度利用や共有化に向けた技術や国や県の動向についての情報提供に加えて今年度市町村の各地域の様々な取り組みを管内別にピックアップして報告させて頂きました。

 

@報告課の内容

  • 報告

1.森林経営収支シミュレーションソフトの開発について

((一社)島根県森林協会森林経営推進センター 森林経営第二課長 越智俊之、

パシフィックコンサルタンツ(株) 森林チームリーダー 中村尚)    

  • 情報提供

2.森林情報の整備と利用そして継続的な維持管理

  ~航空機レーザ測量と航空写真、ドローン~ 

(島根大学 生物資源科学部 准教授 米康充)

3.森林情報の高度利用・共有に向けた取組について

((一社)島根県森林協会 森林経営推進センター センター長 江角淳)

4.今年度における各市町村の制度運営状況について 資料

( 同 森林経営第一課長 藏敷秀則)

 

 

 

 

 

 

 

シミュレーションソフトデモの様子   リモートセンシング技術講演の様子

                   (島根大学米准教授)

 

 森林経営推進センターにおいては、今年度の森林経営管理制度における市町村の支援業務として、森林経営収支シミュレーションソフトの開発を行っているところです。年度内の納品後、来年度の春に操作説明会を予定しておりますが、デモ版の納品にあわせて中間報告会を開催します。報告会の内容は別添のとおりですので、参加を予定されている皆様はご確認ください。

 

日時:令和2年2月21日(金)13時30分から16時00分

場所:林業会館4F 研修室(1)

 

研修次第(ソフト開発中間報告会)案

 林業・山村の振興対策等の推進に取り組む市町村により組織されている市町村農林水産業振興対策協議会において、森林経営管理制度がスタートし、市町村が主体となって制度を推進する必要があることから、先端技術による施業集約化等のノウハウの習得を目的に研修会が行われました。

森林経営推進センターも県内の制度運営状況として、市町村業務の技術支援等について講演しました。

 

『2019年度 島根県市町村農林水産業振興対策協議会 研修会』

開催日:10月16、17日  場所:島根県中山間地域研究センター

研修内容

1.「新たな森林管理システムの実効性確保に向けた市町村業務の技術支援」

    (一社)島根県森林協会 森林経営推進センター

2.「四国森林管理局におけるICTの活用について」

    四国森林管理局

3.「航空レーザー計測による森林情報等の把握と活用について」

    津和野町農林課

 事務局長あいさつ           推進センター技術支援状況等説明

 4月1日より森林経営管理制度がスタートし、市町村が主体となって制度の推進を図っているところですが、県内の市町村担当職員には林業の専門技術職がほぼいないことから、森林経営推進センターの支援業務の一つとして、当該制度に関する事務に必要な知識及び技術を習得し、当該制度を適切かつ円滑に運用できる担当職員の育成を目的に「森林経営管理制度担当職員研修」を実施しました。

 

 初回は島根県森林整備課職員を講師として招き、制度推進に必要な森林・林業行政全般をテーマに研修を開催しました。

『令和元年度 森林経営管理制度担当職員研修(森林・林業一般)』

東部開催 開催日:8月20日  場所:林業会館

西部開催 開催日:8月21日  場所:浜田合同庁舎

研修内容

1 林地台帳の概要について

2 林地台帳及び森林GISの実演について

3 森林経営計画について

4 森林経営管理制度の実効性確保に向けた技術支援について

 

 第 2回目としては、林野庁より制度の創設、運営に携わる担当者を講師として招き、市町村事務を中心とした制度の実務研修を開催しました。

『令和元年度 森林経営管理制度担当職員研修(森林経営管理制度)』

開催日:9月25日~26日  場所:林業会館

研修内容

1 森林経営管理法の概要について

2 森林環境税及び森林環境譲与税について

3 森林経営管理制度に係る市町村の事務について

4 ワーキング(意向調査の実施に関する検討、経営管理権集積計画の作成等の検討)

森林林業一般研修 講義の様子    管理制度研修 ワーキングの様子

※この提案競技は、終了しました。

 平成31年4月1日の森林経営管理法の施行により、新たな森林管理システムの運用が開始されました。この制度では、森林所有者から森林経営・管理を委ねられた森林のうち、森林経営が可能な森林については、市町村が「意欲と能力のある林業経営者」に対して経営管理実施権という森林の経営と管理を担うための権利を設定することで森林経営を委ねる制度になっています。この経営管理実施権の設定にあたり、森林経営の実行可能性を評価することは、市町村が事務手続きを進めるうえで、非常に重要な判断材料となります。
 そこで、定量的に森林経営の可能性を評価するために、森林経営の収支シミュレーションソフトウェア(以下、ソフトウェア)を開発することとしました。
 このソフトウェアの開発業者は、提案競技によって選定することとし、提案競技の内容等の関係書類は、下記のとおり配布いたします。提案競技に参加を希望する企業等におかれましては、提案競技内容をご確認いただき、期日までに提案書を提出してください。

               記

1.業務名
 森林経営収支シミュレーションソフトウェアの開発及び保守業務
2.関係書類の配布期間
 令和元年6月14日(金)~令和元年6月28日(金)まで(閉庁日を除く)の午前9時から午後5時まで(正午から午後1時までの間を除く)
3.配布場所
 島根県松江市母衣町55番地 林業会館 4F
 一般社団法人島根県森林協会 森林経営推進センター
4.守秘義務の遵守に関する誓約書
 提案競技に必要な各種資料を閲覧及び受領するには、守秘義務の遵守に関する誓約書(様式5)を提出すること
  ※誓約書様式は以下に掲載
5.各種様式
 参加申込書(word)
 担当者届(word)
 提案書表紙(word)
 質問書(word)
 誓約書(word)(上記4に関する書類)
 説明会参加申込書(word)

一般社団法人 島根県森林協会

〒690-0886 島根県松江市母衣町55番地 林業会館2F
TEL:0852-21-2669 FAX:0852-21-2231

Copyright (C) 2010 Shimane Shinrin-Doboku Kyokai All rights reserved.